Types of Wood for DIY/
DIY家具で使う木材の種類と規格表

6
5

家具といえばウォルナット、チーク、ナラなどの木材に憧れます。僕は何も知らなくてチークでつくろうなんて考えていたのですが、そう言ったよく聞く木材は非常に高価かつホームセンターでは残念ながら売っていません。ホームセンターで買える主な木材は、SPF、松荒材、ひのき、ファルカタ、ラワン、パイン集成材や各種合板になります。買える木材で一番安価なのはSPFというカナダの木材です。高級家具でない限り、実際に売っている家具で無垢チークなどと書いてあるものは、突き板(化粧板)のようです。ただ突き板を使えば、高級木材で家具を作れるということになります。

SPFはカナダの木材で柔らかい木材です。なんだかんだいっても無垢材なので化粧板の家具とは比べものにはなりません。SPFを家具で使う際に注意したいのは塗装です。たとえば人気のワトコオイルは、硬材用(ウォルナットなど)のオイルなので、SPFに塗っても思った通りの結果はでません。僕もいろいろな実験を繰り返して少しづつわかってきました。いろいろな塗料を塗ったSPFカラーチャート”無垢材SPFの塗装 カラーチャート“を更新していっているので参考にしてください。

上の写真はシナランバーです。ランバーは大きい板材で表面にシナの無垢材を貼った合板のことです。シナランバーとラワンランバーがあります。ホームセンターでは厚さ12~24mm程度まで揃っていることが多いです。シナランバーは表面にシナが貼ってあり、美しいのでいろいろなところで使われているようです。ラワンランバーはシナランバーより安いですが、表面が美しいとは言えずペンキで塗装するか、見えないところに使うと良いと思います。木口テープというものを使えば、木口(合板が見えている部分)も隠して完全な無垢材のように見せることもできます。

ホームセンターで松と書いてある木材も売っています。これは一応KD処理(乾燥処理)はされているようですが、SPFのように研磨はされていません。木目もSPFと一見似ていますが、家具をつくると全然違うことがわかります。SPFよりも家具に向いていないと思います。角丸処理されていないこともあり使いやすいので見えない部分に使えます。KD処理がSPFほどなされていないせいか、SPFよりも反りやすいです。下記にホームセンターで売っている各木材のサイズと価格を表にしました。

SPF 910 x 19 x 38 ¥ 290
19 x 63 ¥ 208
19 x 89 ¥ 185
19 x 140 ¥ 388
19 x 185 ¥ 498
19 x 235 ¥ 748
19 x 286 ¥ 980
38 x 38 ¥ 228
38 x 63 ¥ 328
38 x 89 ¥ 300
38 x 140 ¥ 748
38 x 185 ¥ 1,250
38 x 235 ¥ 1,650
松荒材 45 x 45 x 1820 ¥ 360
30 x 45 x 1820 ¥ 145
18 x 45 x 1820 ¥ 228
27 x 50 x 1820 ¥ 215
18 x 105 x 910 ¥ 185
ファルカタ集成材 1820 x 45 x 13 ¥ 300
60 x 13 ¥ 400
90 x 13 ¥ 600
120 x 13 ¥ 800
150 x 13 ¥ 980
200 x 13 ¥ 1,300
250 x 13 ¥ 1,620
300 x 13 ¥ 1,730
350 x 13 ¥ 2,270
400 x 13 ¥ 2,600
450 x 13 ¥ 2,900
ラワン 1820 x 5 x 14 ¥ 110
14 x 14 ¥ 200
18 x 18 ¥ 300
30 x 14 ¥ 300
45 x 14 ¥ 500
60 x 14 ¥ 600
90 x 14 ¥ 1000
120 x 14 ¥ 1,300
150 x 14 ¥ 1,620
900 x 210 x 14 ¥ 2,050
900 x 240 x 14 ¥ 2,700
シナランバー 1820 x 910 x 12 ¥ 2,500
15 ¥ 3,000
18 ¥ 3,300
21 ¥ 3,800
24 ¥ 4,200
ラワンランバー 1820 x 910 x 12 ¥ 2,200
15 ¥ 2,700
18 ¥ 2,900
21 ¥ 3,300
24 ¥ 3,700
パイン集成材 1830 x 910 x 15 ¥ 6,500
18 ¥ 8,650
25 ¥ 10,300
30 ¥ 12,800

SPFや合板でもある程度のレベルの家具はつくれます。まずSPFでどういった家具が作れるのか?というところですが、僕なりにいろいろ作って見たので、この記事では簡単に一部を紹介します。詳しい作り方などは別の記事で書いているのでそちらを参考にしてください。以下すべて自分でデザインして自分でつくってみたものです。これを作る前はど素人でしたので、このくらいのレベルはSPFでもつくれると思ってください。

アトリエ風の自分に合った高さの机の脚
木材:SPF,ラワンランバー 塗装:ペンキ, ブライワックス, ワトコオイル

無垢材のプリンターキャビネット
木材:SPF 塗装:ウッドロングエコ, ワトコオイル

ドレッサー、ランドリー用棚
木材:ラワンランバー 塗装:ペンキ

サイズ表は札幌のホームセンターの価格(2015/8時点)を元に自分用につくったものです。常に変動しますし地域差があるので参考程度にしてください。

関連記事

無垢材SPFの塗装 カラーチャート / Soft Wood Finish Color Chart
木材塗装を成功させる下地作り / Preparing Wood Before Staining
カフェのような無垢材の床にする / Install Solid Wood Flooring