Table Legs and Trestle/
アトリエ風の自分に合った高さの机の脚

6
5

今まで使ってきた机の高さが高いなぁ、と思い調べてみると僕の身長だと71cmがベストということで意外に正しい高さが低いことがわかりました。これに合わせて机の脚を作る。見た目はできるだけ椅子(Toledo Chair)に合うようにデザインします。1つ目の家具なので四苦八苦しましたがなんとかなりました。

机の高さは”机 高さ 身長“で検索するとでてきます。木材は、木材の規格的に、松の荒材とSPFを組み合わせてつくることにしました。木材のサイズ規格・価格表をつくったので参考にしてください。無垢材は作った後に0.3~0.5%ほど縮むというのを読んだので、それを考慮して作ります。そんなもんどうせできないだろうなと思いながら、真剣にやってみたら、ビギナーズラックなのかまったくずれずにつくることができました。難しいところは、斜めで切る箇所が複数あるので、4本脚でちゃんとバランス良く立つように作る点だと思います。

それぞれのパーツの接続は木ダボでやりました。写真は脚の下の部分の台みたいになっている部分です。このときは初めてだったので思いつきませんでしたが、ダボの穴開けは、自分でお助けアイテムをつくってそれをつかうことで大分楽になることに気づきました。ダボはぎをかんたんにする治具 / Wood Doweling Jigs

完成後、一番不安なのは強度でしたが、1年ほどパソコンを乗っけて使っていても問題ないです。木材によりますが安くつくれば1セット¥2000程度で作れると思います。反省点は、つくるまえのデザインや設計図は完成写真よりも細かったんですが、松やSPFは細くすると折れそうだなと思い太くしてしまったことです。こういう脚はできるだけ細くつくることが大事だなと感じました。この脚の設計図は、ちょっと自信がないので公開するのはやめておきます。

関連記事

きのこスツール / Small Mushroom Stool
無垢のスピーカー台 / Wooden Speaker Legs
DIY初心者が家具をつくるのに必要な工具 2 / DIY Tools Guides For Beginners 2