DIY Tools Guides For Beginners 3/
DIY初心者が家具をつくるのに必要な工具 3

6
5

DIYで最低限必要な電動工具は、ジグソー、電動サンダー、電動ドライバーの3つだと思います。このサイトで紹介している家具も上記の3つだけでできます。丸ノコは、ホームセンターのカットサービスに頼る勇気さえあればどうにかなるので必ず必要というわけではないです。

ジグソー。カーブも切れる電動のこぎり。DIYの切断工具では出番が一番多いと思います。僕は一番安いE-Value(¥4000)のを使っています。粗大ごみに落ちていたものを使っているわけじゃないから大丈夫だと思います。でもだんだんと使っているうちに細かい部分が気になり始めました。どうしようもないのが角度調整のボルトが数回でバカになり角度調整ができなくなったことです。これはさすがに反骨精神があってもきついです。一番使用する切断工具なので、BOSCH(ボッシュ)のジグソーを買えば良かったと思いました。家具を3つ以上作る予定がありお金に余裕があるならば、BOSCHを考えても良いと思います。

丸ノコ。丸ノコがなくても、このブログでつくっている家具のレベルであれば問題なくつくれます。ジグソーと違うところは、圧巻の切断速度とまっすぐに切れるというところです。音も圧巻です。丸ノコのデメリットは、使い方を間違えるとキックバックという本体が進行方向と逆に飛ぶ事故が起こるところです。僕は経験したことがありますが、放心状態になります。DIYでやっていて大怪我するとかありえないので、危険な工具は使用頻度が下がると思います。最近はキックバック防止機能がついたプロ用丸ノコがでているので、¥40000程度と少し高いですがそれが欲しいなとは思っています。HITACHIのC6MEYは、力がかかるとすぐ止まってしまうそうで評判が良くないので見送りました。プロ用丸ノコも使ってみましたが、どうせ丸ノコを使うなら、断面のクオリティと重量や使いやすさの点で個人的にはプロ用丸ノコのほうが良いと思います。

インパクトドライバー。電動ドライバーにはドライバードリルとインパクトドライバーがあります。ドライバードリルは回転で締めるのに対して、インパクトドライバーは、打撃と回転で締めます。インパクトドライバーは押し込むとビスが木材を貫通するほどパワーがあります。家具製作で使いやすいのはインパクトドライバーの方で、締めるも速く感覚が気持ちよいので僕はインパクトドライバーをメインで使っています。パワーがありすぎていい加減にやると薄いベニヤなどは割ってしまうこともありますが、なれれば繊細な部分も割らないで締めることができるようになります。ドライバードリルは、高価なものじゃないと家具製作をやるにはパワー不足でストレスがたまるので、出力を確認したほうが良いです。

プロ工具を中古で買う

おすすめはヤフオクなどで型落ちしたプロ工具を買うことです。僕のインパクトドライバーは貰い物で少し古いプロ工具(定価¥30,000程度)ですが、ヤフオクで¥2,000円程度で買えます。バッテリーを買えばプラス¥3,000くらいですがそれでも性能を考えれば安いものです。¥15000程度のブラックアンドデッカーのドライバードリルも持っていますが、型落ちしたHITACHIのプロ工具のほうが遥かに使いやすいです。

電動サンダーは、ヤスリです。似たような形のグラインダーという工具もありますが、あれは別物です。間違って買わないようにしましょう。電動サンダーは、円状の回転タイプと長方形のサンディングペーパーが縦方向に動くタイプがあります。また、BOSCHのサンダーは、アイロンのような形をしており、細かい部分も研磨できそうです。僕は御用達のE-Value(¥4000)の円状のランダムサンダーを使っています。ランダムサンダーである程度削ってから、最後は手で木目に沿って研磨するという工程になります。 このE-Valueの安いタイプはアマゾンのレビューを見るとパワーがないというレビューがありますが、木工をやる上ではそう感じたことはないです。

日本で海外ほどDIYが流行らないのは、場所がないからというのが1つの理由になっていると思います。騒音問題に対しては、高価ですがサイレンサーがついた電動工具があります。静音性インパクトドライバーを大工さんに使わせてもらったのですが、全然音がならなかったです。音を出せない病院内などで使うらしいです。おおきな音を出せない環境の場合は静音性の工具を探してみると良いと思います。

そしてもう1つは粉塵問題です。屋外や車庫でできない場合の粉塵は音よりも厄介です。吸い込むことができる工具を使いつつ、密閉にして風で木屑が舞わないようにするとそこらじゅうに舞うことは防げますが、完全に防ぐことは難しいので、やはりある程度割り切ることが必要になってきそうです。あとは業務用の掃除機があると大分楽にはなります。

関連記事

DIY初心者が家具をつくるのに必要な工具 1 / DIY Tools Guides For Beginners 1
DIY初心者が家具をつくるのに必要な工具 2 / DIY Tools Guides For Beginners 2
無垢材SPFの塗装 カラーチャート / Soft Wood Finish Color Chart